今日は、鹿島台にてこだっつの会(県政懇談会)を開催しました。お二人の方においで頂きました。時間の殆どを水害対策の話で費やし、根本対策が不可欠であることを痛感しました。

ポンプ設備では、河川側の水位が一定の高さになると排水ができなくなるので、一定の効果は期待できても、根本解決策にはなりません。やはり流域全体を見据えた対策を考えていかなければならないと思いました。

宮城県議会議員 中島源陽