今日は、宅建協会の方々との懇談会があり、いくつかの要望を頂きました。その中で、農地付き空き家については、農地が50a以上でないと認められない農地法の制約があり、特例を使っている市町村もあるが、認められないこともあり、手続き現場としては困っているとのことでした。

どんどん人口が減り、空き家が多くなっている農漁村地域にとっては、新しく移り住んでもらえることは願ってもないことです。特例を有効活用して、どんどん農地付き空き家に新たな家族が来てもらえるような環境を作っていきたいものです。

空き家を危惧する 中島源陽