午前0時を過ぎて、息子と缶ビールを飲みながら、農作業のこと、経営のこと、地域のこと、人との関わりのこと等々、話題が膨らんでいきました。

何事にも無理することなく、自然体で馴染んでいければいいですね。気が付けば、1時間ほどかけての一本となりました。

ひと時を楽しんだ 中島源陽