今日の県議会一般質問で、会派内の同僚議員が歯と口腔の健康づくりに関して取り上げました。最近の傾向として、乳幼児期の歯の状態は良くなってきたものの、働き盛りの世代においては歯周病が高止まり状態との答弁がありました。

特に、本県では、歯科保健支援センターを設置して、多様な取組を展開していく体制を整備しているので、県と県歯科医師会と、市町村と地域歯科医師会と職場等、関係者の連携力を大いに発揮していくこと期待しています。

歯と口腔に注目の 中島源陽